« 7月7日 産經新聞朝刊に | トップページ | 早朝お絵描きでした »

嫁ぐ「もしもし」

Moshimoshi


絵本「もしもし」は はじめ女の子バージョンでした。
出版社に提案した際に 男の子でいきたいという事で
男の子で「もしもし」は出版されました。
今月から再版されています。
 女の子バージョンをこの度の個展に展示したところ 
初日で 星と月が売れました。 
1週間後 真ん中の女の子が売れました。
私よりも作品を見た方が それぞれ思い入れがあるようです。
「他にもこのシリーズではないですか」
と 聞かれ
翌日メールに画像を選べるように送ると
その翌日 朝早く 
「家族会議の結果決まりました」
と メールが来た。
自分が描いた作品というのは 本当に自分の子供の様で
売れてゆくのが 嬉しい反面 手元から無くなる寂しさもあります。
自分の手元から離れて 私の知らない世界で私の知らない人たちに
愛されて欲しいと 末永く愛されて欲しいと願っています。

ね、嫁入りさせる親の気分です。・・・と自分の親を想う。

« 7月7日 産經新聞朝刊に | トップページ | 早朝お絵描きでした »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57238/55178669

この記事へのトラックバック一覧です: 嫁ぐ「もしもし」:

« 7月7日 産經新聞朝刊に | トップページ | 早朝お絵描きでした »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック