« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

ぽーちゃんbarに現れる。

Pow


現代美術作家の山口謙二氏に家のpowちゃんを撮っていただきました。かっこいいわぁー!!ありがとうございます。

美しいギャベ

Himeji_2

古いギャベにご対面。家にある物もお気に入りだけれども このギャベはちょっと気にかかる。姫路ギャラリートークの壁面に飾られてあり その前で絵本の朗読ギター演奏のライブを堪能した。絵本の力を再発見です。読み手 ギター演奏により世界が広がり空気感を感じ気温も感じる。良い時間でした。

岡山の祭り寿司

Maturi_2


岡山の祭り寿司。義母の作るこのお寿司は具材が15種類。卵20個使って錦糸卵用に薄く焼くこの係は旦那。上手です。私はひたすら具材を切ります。なんだか正月が来そうだね。とお世話になっているところに配った。私もいっぱい貰って帰りました。

埼玉県よりお客様

Saotama


もう5年ほど前に絵本コンクールで知り合った女性。
富山県射水市
そこで知り合ったとき 彼女はご主人と一緒で 私は1人、
声をかけて下さって一緒にお茶をした。そっ、ごちそうになりました。
その女性から 
『京都観光に来ているので是非会いたい』
と連絡が入った。
60歳くらい 3人でお見えでした。
その方達は 1冊の絵本を10人くらいで描いているという。
一体どうやって描いているのだろうと 昼食の間お互いの制作の話に花が咲いた。
彼女達は木版画で 民話をメインに制作している。その木版を10人で手分けして彫っている。見せてもらったけど あまり個性が気にならなくて 一人でやっているかのように見える。
しかし30年もこの形態は変わってないというのがすごい。
「よく続きましたね。」
というと 
「20冊目が出たら辞めようかと言っているのよ。」
という。
「辞める必要は無いのでは?どうぞ続けて下さい」
と言った。

連絡をくれた女性は合唱をしているという。それも2つ掛け持ちで!
話が合うじゃない!!
うれしい。

帰り 東本願寺へ案内して 出版本を紹介し
そばのベンチでサインを入れていると レジの方で何やら声がする。
つかつかっと1人の若い女性が近寄って来て
「なーりひっろさーーーん」
知り合いの女性が 東本願寺のショップで働いていた。びっくり!でした。

もう一つびっくりだったのが その中の一人の娘さんのご主人というのが
出版社にお務めで 先日東京での展示の際 名刺を交換した方でした。
覚えてなくて即答できず 失礼してしまいました。

さっ、描こう!

天空の城

1791302069_223


来年7月1ヶ月、たつの市御津町 ホテルシーショアで個展をします。
その展示の仕方等のうちあわせで行ってきました。
だいぶんイメージが固まってきました。
その後帰り道 ふと海を見ると
「うおーっ!」と声を上げ 車を停めました。
まるで天空の城が あの雲の上にあるようです。

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック