« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

bookway

Yoshimi

https://bookway.jp/modules/zox/sample/his_hagakinohon/pc/
ブックウエイのサイトを開いて サイト内のカテゴリーから「絵画集」を選ぶと
『はがきのえほん』があり 無料で立ち読みができますので 一度ご覧ください。
印刷本としても購入できます。印刷本ははがきとしてすぐ利用できるよう、帯掛けしてあります。全部で50種類です。

インターネットから 電子書籍を出版した・・・・・のは 友人のご主人です。
友人のご主人は 舌ガンに襲われ 闘病生活を送りながら その生活をイラストに残して来た。幸い 回復の傾向で大変喜んでいる。
その闘病生活を本にまとめたいと 相談されたが どうして良い物か解らず
随分前に 電子書籍のチラシを絵本教室で見つけたので 送っていた。。
それも忘れていた今日
「出版した」と はがきが来た。
とってもうれしい!

『舌にデンボができましてん』は 近日発売!お楽しみに!

作 吉見健(よしみたけし)氏

さ・ん・ぽ


税務署に行ったついでに 「散歩にいこっと」
と清水寺に足を伸ばす。
Kiyomizu

暑い。久々に汗をかいた。
マフラーを取り ながい五条坂を上って行った。
梅も咲いていた。
さすが清水さんは人が多く 外国人観光客が目立った(アジア系)。

帰り 三年坂 二年坂を通り 高台寺に参拝。

Img_0020

豊臣秀吉没後 ねねさんが出家して 高台寺を創ったんだって。
秀吉さんが当時履いていたスリッパと杖が展示してありましたが
スリッパは 真っ赤なベルベットに金色の糸で刺繍してありました。
綺麗でした。

どんどん歩いて 円山公園を通り八坂神社に入り 四条通りと出る。

Img_0028

さっ もう少しがんばって家までたどりつくぞ!

読書感想文 なーんてね。

テレビをかけてもなんだかうるさい。
そうだ 絵本を買って サインもしてもらったのにゆっくり読んで無いや。
老眼鏡をかけて ソファーに座って(座り心地の悪い)よみました。

高畠純 絵  越野民雄 文
「ダレ・ダレ・ダレダ」
高畠純さんは私の師匠です。サインをしてくださったときも丁寧にたくさん描いて下さった。文章を書かれた越野さんを呼び「サインしてやって」と頼んで下さった。優しい先生。
この本 とても美しい。デザインがとても綺麗。動物が神秘的で美しい。
是非見て下さい。

飯野和好 絵 中川ひろたか 文
「あくび」
おもしろかった。最後に私まであくびが出た。こうやって書いていてもまたあくびが出た。面白い。

飯野和好 絵 江國香織 文
「桃子」
お話絵本というのでしょうか ちょっと文章が長い物です。
不思議な話ですが 恋の話です。恋をするのです。登場人物2人が、まだまだ小さな女の子と19才のお坊さん。
そう 恋って・・・ねぇーそうよねー
なんて ふぅーとため息をついて 本を閉じました。

さて 夜は寒くなってきました。
熱いお風呂に入りまひょ。おやすみなさい、みなさん

夏のコンサートの練習のはずが!

すぐ 7月30日がくる!
自主練習を家でできるように youtube で曲を流しながら 一緒に歌っている。
が、ふと 玉置浩二さんの曲をクリックしたら なんと良い曲、良い声!
はまってしまいました。
「メロディー」
歌詞を歌を聴きながら書き写し 一緒に歌ってみる。うまく歌いたいこの曲。

それと
「夏の終わりのハーモニー」
ハモルと綺麗でしょうね。

義母から

1666407369_209

昨日
「元気ぃ?」
いつもの高い声で電話があった。
孫(私の娘)に荷物を送りたいけど、留守だったら困るしと言う内容だった。
娘はおばあちゃんの作るこの祭りずしが大好き。それと炊きこみごはん。
留守だったら困るし、京都に送ろうかと迷っていた様子。
「ちょっと送るの待ってて下さい。今から連絡いれてみますから、5時まで出さずにいてください」
と 電話を切った。
娘は授業中でおばあちゃんからの電話に出られ無かったらしく、私のメールのあとすぐ電話を入れたようだ。
学生はごはんがなによりうれしいようですわね。

けさ
うちにも届いた。うっれしい!ありがとうございまぁす(*^◯^*)
東京に住む妹にも送ったらしい。
私には真似できなぁ〜〜〜い!

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック