« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

うさぎちゃん

子供達にクリスマスのプレゼントを考えたけど もう2人共成人してるし 何か品物を用意しても 無理矢理な気がして…。
そんなときSOSメール!
「もう 生活費が無くなった 5000円だけでも送って 後で返すから…。」
と なんだかね〜。
助け舟を出して クリスマスプレゼントは無しにした。
でも 何かしたくて、………。
☆〜(ゝ。∂)そうだ作ればいいんだ。
貝を削ってアクセサリーを作った時も喜んでくれたし 多分 気に入ってくれるだろうと うさぎの立体を作ってみることにした。

Chi

耳が大きくて座っている方は 娘がまだ小さい頃 こんなぬいぐるみをいつも持っていたなぁ〜、押し入れにまだあるのは解っているけど、記憶をたどって作りました。

Kei

眠るウサギは、息子のイメージ!こんな奴です。

Keichi

Keis

へたくそだけど なんだか 御守りになる気がする。形ある物はあまり残したくないけど、まっ形見になったわ!机の上でホコリをかぶって いつのまにか壊れて 意識しなくなったころ ゴミになればいい。

クリスマスコンサート12月19日

Arpege

はやい!
始まると すぐ終わってしまう。
ここでのコンサートは私の知り合いからの出演依頼だったので
私がここの会場とコンタクトを取っていた。なので これが終わるまで
気が張って みんなに報告する事を怠ってないか?
印刷物は大丈夫か?昼のお弁当の用意、ピアニストのお迎え などなどマネージャー的な仕事をした。そして 先生のバースデー企画と 盛りだくさん。
家の車と 団長の車2台で全員が乗れるという とても小さな合唱団。
地方巡業みたいで なんだか楽しかった。

会場に入り ピアノを設置し 会場を確認していると ピアニストを迎えに行く時間が来た。もうすぐ発声練習が始まる!昨日の発声の出始めにハッピーバースデーを歌う企画が実行される場に立ち会えない時間帯・・・!その場にいたかったけど ソプラノの1人に良く説明して 任せてその場を抜けた。
お弁当を抱え ピアニストをお連れし会場につくと みんなは まだ発声練習の最中。先生の背中越しに「どうだった?うまくいった?」とオッケーサインで確認してみた。なんだかうまくいったような気配はかんじる。なんせ みんな声を出しているもので 意思表示がうまくできない。
うまくいったことを信じて私も練習に参加!
舞台に立つと 先生が
「もう、00さんびっくりしましたよ。ありがとうございます。でもね、なんだか皆さんの顔がにやにやしているのでおっかしぃなぁーとは思ったんですけどね。」
と 照れながらおっしゃった。
   よかったぁー。
みんなが私の企画とばらしたようでした。ばらさない方が格好よかったのになぁー。にやけないようにいつもの顔で!って言っといたのにぃ。でもにやけるのは仕方ないよね。みんなの方がうれしたのしいって感じだもの。

演奏会がはじまり アットホームな感じで 楽しいコンサートでした。
さて 控え室に入り ちょっと のどを潤してから 記念撮影にまた会場に戻った。
撮影後 昨日作成した バースデーカードを団長から渡してもらった。
そしてまた だれからか 歌がはじまり先生のバースデーを祝った。
とても喜んでいただいたようで 今回はとてもたのしいコンサートでした。
また来年、歌い始めは1月7日。夏の演奏会に向けて再出発です。

明日はクリスマスコンサート

明日はクリスマスコンサート。
そして 指揮の先生のお誕生日イブ。
毎年 先生にクリスマスとお誕生日をかねて カードを作成している。
まとめ役の私は みんなからメッセージをこっそり集めて 家でちまちまアイデアをしぼる。今回は はがきサイズに鳩の切り抜きを貼り そこに好きなようにレイアウトして 各自メッセージを書いてもらった。
それを屏風に張り合わせ 表紙はハレパネにして 立てて飾れるようにした。

Br


小沢征爾さん復活のステージのニュースを見ていると 発表曲を指揮しているはずがオーケストラがハッピーバースデーを演奏した。小沢征爾さんはびっくり、とっても良い顔だった。それを見て 私は実行する。発声練習の一番最初にいかにも声出しの顔で歌い始めます。
今 この提案を団員にメールで一斉送信した。
すると 返信がすぐきた。
「おもしろそう、やりましょ!」
うれしいじゃないですか・・・・。最近お忙しい中 お疲れ気味の先生にエールを込めて歌います。

我が家の一員に!カメレオン アンビローベのロベ君です

Narirobe_3


カメレオンのロベオ君が今日 我が家の一員になった。旦那が会社を早く切り上げ 16時ぐらいに京都を出て愛知県知多半島にある カメレオンのショップに行った。ショップには連絡をいれておいた。18時にお店に着くともうお客様はいなく 店長とスタッフ1人だけでした。綺麗なブルーのおすすめのカメレオンも見せていただいたがやはり このロベオ君を購入した。とても 幸せな気分です。この子とこれから 暮らせると思うと とてもうれしい。帰りの車の中では かごに入れずに抱っこして帰ったが私の胸につかまって眠る姿は とても愛おしい。息づかいが解る、母性本能かしら?まるで私が産んだかのごとく かわいい。我が家の一員になったという事で ロベオの’オ’をはずして『ロベ』に改名した。カメレオン アンビローベという種類のロベを取ってロベ君です。よろしく。


Gorio

先日 クリスマスプレゼントにと カメレオンショップの店長に作った 赤い眠るカメレオンを 良い機会なので 渡した。やっぱり 驚いていた。「それ!???え?」「はい これ プレゼントです。」と渡すと 顔を覆って泣いた店長。亡くなった赤いカメレオン「にきのくん」を思い出させてしまった。「ほらみて」と店長(女性)と スタッフと顔を合わせて{眠れる森のnishikino}と書いたプレートを見て微笑んでいた。

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック