« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

明日から原画展が始まります。

Img_0140

大雨でした。よかった、昨日搬入してて。


参拝接待所は大きな門をくぐってすぐ右。そこから靴を脱いでもらってビニールの袋に靴を入れていただき 左に行くと すぐギャラリーです。
でも 正面の御影堂からずーーっと右に廊下を歩いていくのも雰囲気いいかもしれません。一番南に建つ阿弥陀堂は修復中です。

絵本原画展4月28日〜5月26日

Honganjimixi


4月28日〜5月26日まで 京都 真宗大谷派 東本願寺 参拝接待所ギャラリーにて絵本原画展が開かれます。
毎週日曜日 午後より在廊いたしますので 京都の新緑をお楽しみの際は是非 お越し下さい。東本願寺の入館料はありませんので 正面の御影堂にお参り後 ギャラリーをのぞいてみてください。


http://www.tomo-net.or.jp/info/event/detail.php?id=47
内容の更新は28日以降にされます。

狩野探幽 天井画雲龍図

Img_0124

これで 京都にある雲龍図はすべて観たことになる。
迫力ありました。(写真はパンフレットから)
1日いいお天気でした。三室仁和寺と ここ妙心寺に来た。

熊田千佳慕さんとリュート『古楽器が語る花と鳥』

Img_9984

4月24日 伊丹市美術館
大好きな熊田千佳慕さんの原画を観た。戦前はデザイナーとして活躍され、70歳過ぎてからボローニャ国際絵本原画展で入選し、99歳まで描き続けた千佳慕さんに 励まされてきた。

美術館のそばにある柿衛文庫は旧岡田家の酒蔵
ここで古楽器のリュート演奏(高本一郎さん)と歌と朗読(樋口美紀さん)そして俳人(木割氏)の進行でコンサートが行われた。
リュートという見慣れない聞き慣れない楽器は この古い酒蔵に合い気持ちのよい時間を過ごした。
この酒蔵はバッハが産まれる1年前に建築された物だと 説明されるとこの空間が また違った雰囲気に変わった。

小さな蝶々

Img_9966

死にました。
きれいだなぁ〜。
しばらくここに置いておこうっと。

みかんたーべよっと・・・っん?

さて みかんたーべよっと。
??・・・
なんか色が違うのがある!
Img_9679


おーーーーっ、美しいカビ。
砂糖たっぷりの甘く煮たみかんみたぁーい!

Img_9686


これを切ったら 中はどうなっているんでしょうね。
見たい?
みたいよねー。
ちょっとまってて・・・

Img_9698_3

ほらーーーっ、こんなんですぅ。パンみたいでしょ。

3匹目

Img_9666

Img_9667

洗濯物を干そうとベランダに出て ふと山椒の鉢植えに目をやると
なんとなんとりっぱなキアゲハがとまっていた。それに もう卵を産みつける姿。
どこで産まれたの?
青虫の時に逃げ出して どこでさなぎになったの?
いつ産まれたの?寒かったでしょうに・・・。
よくぞ 風に飛ばされなかった事よね・・・。
洗濯物をほったらかしにして
家に入れたパセリの鉢の上に 山椒の鉢を置いて
そっとアゲハを山椒の木に乗せた。
透明の大きなナイロン袋を覆って
特設温室!
産まれるって うれしい。

これで3匹誕生ですっ!

絵本教室研究科16期生/九州校OB生による修了作品展


ここを卒業してもう4年ほど経つ。
みんながんばっている作品を見に行こう。
http://www.ab.auone-net.jp/~in-aca/news.html

2匹目誕生

1匹目より随分小さいけど 奇麗なかわいいのが産まれた。
ゼラニュームの鉢を入れたので 1匹はその花に止まっているところを見ると 蜜を呑んでいるのだろうか。ちょっと安心。2匹目はまだ花までたどりつけない。

旅立ち

R0015470_2


今日は 友人のお父様の葬儀。列席できませんが ここから友人のことを思い手を合わせることにします。やすらかに・・・・・・・・・・・・。

蝶々誕生

Img_9557

半分あきらめていた、パセリに着いていた青虫がさなぎになっていた。
この寒い冬を越して 今 気づいたら奇麗な蝶々になっていた。
キアゲハです。昆虫館のスタッフにも連絡しぃちゃお
なんともうれしい。
お花がない!蜜がいる!
ないなぁー
そうだ 鉢植えのゼラニュームが花を咲かせているので鉢ごと入れてやった。土にはお水をたっぷりあげて。

逃がしてあげよう、でも 今しばらくわたしのそばにいてほしい!

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック