« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

二条城ライトアップ

Img_9476_2


Img_9484

んーーーーー、もうちょっとあとのほうがいいです。
もっともっと 迫力あると思います。


http://www.city.kyoto.jp/bunshi/nijojo/chishiki.html


准看護士合格!友達が、ね!

幼稚園からの友人で この度
准看護士試験に合格した。
もう とってもうれしい。
「まだまだ これからやわ。」
と希望に満ちあふれた言葉が
私の励みとなりました。

雨が降ってます

Img_9140


洗濯物を取り込んで 再度仕事場に戻りました。
なかなか すすみませんが、ね。
ふと 机の上のマリモがいっぱい泡を作って水面に浮いている。
直径7cmの大きめの西洋マリモです。

4月になったら 東京へ行こっと・・・。

百花かける

Img_9139_2

未生流中山文甫会播州支部
4月3日(土)4日(日)会場10時〜18時
会場 イーグレひめじ3階あいめっせホール

私の母が出品する花展。
3日に 見に行くとしますかっ。

琵琶湖 沖島へ

Img_9093

滋賀県近江八幡市 琵琶湖の離島 沖島に行った。
のどかでしたぁー。
洗濯物がひらひら 3輪の自転車は必需品のようでした。
時々 船のエンジンの音。
その音がやむと 鳥の声だけが響く。鳶が多い。それに鵜。
鵜が空高く姿は初めて見たような気がする。
ハミングバードを持っていたので
(木製で、金具をひねったり回したりすると鳥の声によく似た音が出ます。)
チュンチュンならしながら 空を飛ぶ鳶を見て楽しんだ。
小学校がとてもきれいで 運動場の柵はなく すぐ琵琶湖。ボールなんて落ちたらどうするんだろうと心配したけど そんなことどうにでもなるんでしょうね。
鴨が運動場の端の草むらに住んでいる。菜の花が咲いている。レモンバームが自生している。運動場は芝生。トラックがちょっとはげている感じで生えている。近所のおばあちゃんは 運動場を3輪の自転車で横切る。
ほんとにのどかです。
すれ違う方に「こんにちは」とあいさつ。
「おじゃましてます」って感じがものすごくする。
食事をするところもなく トイレもない。観光地化されていない 桃源郷ってとこかな?

ミモザ

家の近所のお宅のミモザが満開です。
遠くからでもまっ黄色でよく目立つ。
いいなーこんな大きなミモザの木。
P1010184


ベタのメスったら!

Img_9025

尾びれのひらひらしたきれいなベタの雄。
なかなか 求愛に答えてもらえず
きれいなしっぽをかじられている。
時々 雄のしっぽから離れずに
雄の泳ぎに振り回されるメスを何度か見ていた。
よーーく見ると きれいな尾びれがしょぼーーくなってしまっていた。
もう別居!

もう1匹の青丸君の水槽に入れてみた。メス2匹にかこまれなんとかうまくいかないかと思うけど ここもうまく求愛に失敗ばかり、というか青丸君自体 泡を全然作らないし 草食系男子かもね。

ベランダのタラの木に芽がでた。
早く暖かくならないかなぁー。

白文鳥の「ぶんちゃん」死す

足が悪くて 最後は 片足が伸びきったまま、それでもえさを食べ元気そうに見えていた。昨日は珍しくえさを変えるときドアから顔を出し外にでてきた。伸びきった足が冷たく成っているのがよくわかった。それでも私の手の上に乗ってくれた。今朝 えさを買えようと見ると うつぶせで死んでいた。
この子は この家で生まれた子でもう何年になるかしら?10年くらい居てくれた。なんだかとても寂しく 涙があふれる。
家のドングリの木の根元に埋めてやった。

 親のチップとリップが5つの卵を産んだ。2000年3月24日、
その卵が孵る様を家族で見守った。生まれたての まだ羽が生えていない 目も空いてない 肉のかたまりのようなヒナを観てこんなにもかわいいものだと家族全員感動したのでした。1つの卵からは孵る事無く死んでいた。そっと卵を開けてみると もう産まれる寸前 丸く成ったまま死んでいたのには いとおしく いつまでも眺めたっけなぁー・・・・。
それぞれの子供は大きく成り 親のチップとリップが死んだ後も元気にしていたけど この子だけはずっと(もうすぐ丸まる10年)生きてくれた。私の鳴らす口笛に必ず答えてくれたし 私の気配を感じる子でした。

佐川美術館

「今日は雨だなぁー・・・
 遅い朝食を食べるなら 早い昼食を食べに出かけましょう。」
京都から車で北1時間ほど行ったところ 亀岡、そこから北東 越畑というところに 「まつばら」というおそば屋さんがある。そこを目指して行った。
11時開店に一番乗りで入った。
Img_9008

ざるそばと天ぷら そばがき そばプリン
とーーってもおいしい。帰りに野菜を買って ジャム用としてリンゴが8つ450円。年末はゆずジャムを作ったけど 今度はリンゴジャムをつくろーっと!

さて お腹いっぱいになって 山の中を帰路につく。
「このあとどうする?」
「そうだ!佐川美術館へ行こう!」滋賀県守山市
http://www.sagawa-artmuseum.or.jp/cgi-bin/index.cgi

平山郁夫さんの追悼の展示。
とってもよかった。『スケッチは鍛錬である。』の言葉を心にしみ込ませ 多くの作品を見て行った。
途中 美術館内に表彰状が並べてあった。照明や 建築や 他になんだっけ忘れたけど 佐川美術館が受賞していた。それは 次に見た吉左衛門Xというインドネシア・プリミティブアートを見て 
『なるほどーーー!』
 と思った。とてもよかった。
あと佐藤忠良さんの彫刻をみて 
『なるほどねー裸婦はよろしいいなぁー』
なんて思いながら 見終わると この人の絵本が展示してあった。
ミュージアムショップで顔彩を買った。描いてみようっと。

確か今日は友人の誕生日?

Img_8989_2

この間遊びに行った時 散歩に出かけた。そのときに採集した枯れ草たち。
今日は その友人の誕生日だったような・・・気がする。
その枯れ草たちを壁に飾っているので メッセージも壁に貼って 写真を撮り
メールに添付して送った。
でも 手紙の方が喜んでくれるだろうなぁー。

ステージ 依頼あり!

Img_0393

今は、来年のサードコンサートを目指して練習中です。 それまでに何回かステージに立って 出来具合を見ながら場慣れをしたいところ。 今年の11月には男声合唱団の賛助出演が決まっている。しかしその11月までに小さい舞台に出たいなぁーと思っていましたら 依頼が来ました。6月10日(木)(視覚障害者総合福祉施設 社会福祉法人 京都ライトハウス )http://www.kyoto-lighthouse.or.jp/
それも1時間半のステージ。1時間半と言えば 定期コンサートとあまり変わらない持ち時間。
団員一同いい機会がきたと 力が入っている。

私たちの持ち歌というかイメージは「ふるさとの四季」唱歌メドレーです。これをまた練り直して歌い上げます。

こんな選曲になりそうです。練習の成果によって変更ありだそうで がんばらねば!ところどころトークありです。(指揮の先生)

・瑠璃色の地球
・LOVE LOVE LOVE
・手紙
・ひばり
・空とぶうさぎ
・The Lord bless you and keep you
・For the beauty of the earth
・Sister ActよりHail Holy Queen
・ふるさとの四季(メドレー)
・You raise me up

http://homepage1.nifty.com/surara/arpege/
随時団員募集中です。
興味のある方は金曜日の夜7時半、京都市下京区油小路五条上がる醒泉小学校の音楽室を覗いてみて下さい。現在15名の女声合唱団です。

コラボレーション

Img_9300

楽しかったです。
こんなコラボが出来るなんて ・・・。
3人ともが楽しそうで 見ているこっちも楽しくなりました。
音楽と絵と私にいっぱいエネルギーを与えてくれたひとときでした。

壁画 山口健二氏
ギター 川島隆臣氏
オペラ 松本温子氏

姫路 書写の里美術工芸館にて

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック