« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

井上雄彦「最後のマンガ展」天保山 サントリーミュージアムにて

Inoueb

とってもいい展示でした。
漫画で あんなに大きな原画を見たことが無い。
原画を引き延ばしたんじゃなくて この展示の為に描かれたらしい。 
他の漫画家も描いたこと無いんじゃないかなぁ〜。こんなに大きく。
気持ちよかったんじゃないかなぁ〜・・・と 始終思いながら見学した。
見に来ている人は やっぱり若い人が多い。
墨で書いてあるので 迫力満点!
立体感があって臨場感たっぷりで
かっこいい!
漫画のカットって すごく小さいけど 
ここまで大きくかける画力がある人なのです。
日本の漫画を知ってもらうにはとてもいい展示だったと思う
なぁ〜。

文字校正が終わり 色校正

・・・が、出来てきました。
おおむねいい感じでしたが・・・。 
微妙なところを指示しました。
あとは 連絡待ちです。
これは 東本願寺出版 雑誌「同朋」の絵本のページです。
3月号 2月25日発売です。

4月末あたり 「ぼくは ここに いる」と この「おねえちゃん」
の原画展を 東本願寺ギャラリーで開催予定です。
「ぼくは・・」の原画の1部をボローニャ・・・に送っているため
無事帰国を祈るばかりですが・・・。


西洋マリモ

直径7cmほどの西洋マリモが居るんですが
日中の光を浴びるといつの間にか浮いている。
キラキラ光る泡をたくさんつけて。

仕事を終了し机の電気も消す。
朝 見ると水槽の底に沈んでいる。
泡はマリモの下の方に少しだけ残っている。
今日も いつの間にか水槽の上に浮くんでしょうね。
その瞬間を今日は観察してみよう。

クランウェルツノガエル

かわいいったらありゃしない。ちょっと食べさせすぎかしらね、丸く成って来たわ。
Img_8557_2

ベタのお見合い

Blg1


Blg2

どうも ベタのお見合いを見るのは
忍びない。
そんなにメスを追わなくても・・・・。
と 思っちゃいますが 
何年か前にうちで繁殖したときの
合体の様子はとてもロマンチックで
情熱的だった。

クランウェルツノガエル

クラウンウェルツノガエル
クラウンウェルツノガエル
新入り「クラン」です。よろしくぅ!

ベタの泡


ベタが調子よく暮らしている。ベタ特有の美しい泡を作り出した。メスとお見合いさせてやろうと思いながら赤ちゃんができたらまた 大変だし・・・と迷っている。

nano block

nano block

娘からパパへの 誕生日プレゼント。
可愛いでしょ。
小さい小さいブロックで
我が家のアイドル(オカメインコのウィルソン)
を組み立てました。

ベタとコードレス


きれいなベタを見つけた。380円だった。今いるベタは青色1色。姪っ子が育てていたベタの名前をまねて青丸くん。さてこの子にはなんという名前をつけようかしら?
いつかメスとお見合いをさせようと思います。


Macの容量を増やした。キーボードも新しくした。なんとコードレス。
机の上においておくと 絵の具の水がかかったりしないか 気を使っていたけど これからは ひょい!と仕舞える。マウスもなんだかスマートでかっこいい!
連休も終わり 今週金曜日の締め切りに向かってがんばります。

久々の鳥羽水族館

久々の鳥羽水族館
「早起きして 鳥羽水族館へ行こう!」
しかし 起きたのが9時半。。。

いざ出発。
車のナビによると 到着は12時。

なんだか 前に来たときより 水槽が違ってる!
一つ一つ見ていきながら 気になった物を写真に納めていたら
「この調子だと 閉館までに 全部見られないぞ・・・」
そうなんですよね、・・ちゃっちゃと見ていくことにした。

スナメリはとっても可愛くて 愛想がよい。
子供にはもっともっと相手になってくれるが 
今回は カメラのレンズを覗くように近くに寄ってきてくれた。
話ができるかと思うほど 近くに感じるスナメリ。
何年か前に 
「ちびっこクジラメル」
という 絵本を描いたとき ここのスナメリがモデルになった。

大好きな マナティー。
お昼寝中。なんと 1頭はお腹を上に向けて寝ていた。
何て可愛いのでしょう。人魚のモデル。

 大好きなピラルクー。
鳥羽水族館での展示が一番好き。
須磨海浜水族園は 昔の水槽のがすきだったなぁー・・・

オオグソクムシ シャコのような ダンゴムシのような
変な奴。興味津々であります。

イロワケイルカ きれーい。大好き。

ジュゴン。きれーーい。
指がちゃーんと5本あるんです。亀と仲良しで絵本にもなっています。
絵本の最後を見ると 24版となっていた。いいなぁー!愛されていますね。


リーフィーシードラゴン シードラゴン
美しい。結構泳ぎが早いので なかなかうまく撮れなかった。

ウリクラゲ美しい 映画「アバター」に良く似たものがあった。

かわいいクマノミ。
「ニモ」とよばないで クマノミと呼んで!
といつも思う。

コブシメと 名前は解らない魚。良いコンビ。
魚の化粧したような顔を一度描きたいと思っている。

最後にベルツノガエル。
我が家のべる君もこの姿に なってきた。
住処をちょっと参考にしたいと思って たくさん写真を撮って帰った。

玄関ホールの海の大水槽の横の水槽のイソギンチャクが立派で
元気なのには感激でした。
手でメガネを作って水槽に張り付き 鼻で息をせずに 口だけで息をしますと
まるで スクーバをしているみたい!
この調子だと 怖くないわ!なんて 思いながら 楽しんでました。

すると横から
「すみませーん 写真撮ってください。」
と若い女性の声。
ちょっと恥ずかしかったかな・・・。


突然訪れたにもかかわらず
らーちさんにお会いできてとても嬉しかったです。
ありがとうございました。
いつかまた 会える日を楽しみにしています。
お元気で!

トラ年


東京に住む甥っ子とは お正月会えなかったが かわいい年賀状が家族とは別に届いた。
クリスマスにプレゼントしたDSがとても気に入ったらしく、「ありがとう 大切に使います」と書いてあった。子供からのメッセージはとてもうれしい。

2010初詣

鴨川を渡りながら 
「きれーい 北の方の山は雪が積もっているのが見えるね。」


毎年 六波羅蜜寺にお参りに行く。

ここには 大好きな空也上人立像がある。
1年に一度 会いに行く。

そして 京都市民は八坂神社の氏子
遅ればせながら行くと 人が少なくていい。

そして 去年は子供達が受験だったため
北野天満宮に 祈願しに行った。今年は
お礼参りです。
「ありがとうございました。」

ここは梅園が有名。
梅の時期が来たら みなさま是非おいでください。
梅の枝が 空に向かって勇ましく伸びていました。

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック