« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

こどもブックフェアー

090722_124601

京都 岡崎公園 みやこめっせにて こどもブックフェアーが行われている。今日は最終日。
「ぼくはいまここにいる」がならんでいるよ」と友人に教えて貰って 見に行った。
ほんとだ!こっそり写真を撮りました。たくさん売れるとうれしいなぁー。
会場に 各出版社が出している目録がある。持って帰っても良いと言うことで
抱えるほど持って帰った。これから じっくり見てみます。

絵金祭り

Img_6435a
四国 高知赤岡 7,18絵金祭り
 
今回の四国の旅の目的がここ高知の絵金祭り。
狩野派の絵師として活躍していた。が 狩野探幽の模写を依頼される。模写には落款を押さないところ 依頼主が落款を押し 絵金は偽絵を描いたとされ 狩野派を破門 御用達絵師解任 咎人として高知城下を追放となる。
これは 絵金の才能に対するねたみか陰謀によるもの。闇の出来事である。
放浪の後に赤岡の町に移り住み 芝居絵を描く。

二曲一双の屏風絵に 極彩色で描かれている。ストーリーがそこに詰まっている。絵金蔵では 和ろうそくの光だけで展示をしている。客は提灯を持ち 蔵の中の絵金の屏風絵を見ることができる。一年に一度のこと。

絵金蔵では写真撮影は禁止。この写真は町の通りで 個人の家が所有している屏風(本物)を公開している。絵の保存のためにフラッシュ撮影は禁止しているけど もし雨が降ってきたらどうするんだろう。お祭りで買った飲み物がかかったりしたらどうするんだろう・・・・、祇園祭を見た後 そんなことが気になり ちょっっとどきどきした。迫力ある絵で ここまで来て本物を見ることができて よかった。1枚の絵を見ているだけで 絵が動いているように ストーリーが見える。狩野派の絵師だっただけあって なんでもかけるんだろうなぁー。白絵といって 色が付いてない クロッキーの様な墨一色の絵は
とてもスピード感があり 迫力がある。すごい!

土佐絵金歌舞伎は、
 絵金の芝居絵に描かれている芝居を演じようと、
 地元有志により平成5年に始められた歌舞伎です。
 絵金祭りの二日間に合わせて上演されます。
 
 上演日時:絵金祭り当日(七月第三土日)17時〜 
       絵金蔵向かいの「弁天座」で上演

入場料無料ですが パンフレットを500円で売っている。これを買って 保存に少しでも力になりたい。
http://www.ekingura.com/modules/eguide/event.php?eid=51

瀬戸大橋通過


四国の旅も終わり 本州へと渡る。
瀬戸大橋見る度に「ひゃっほーー!」と声がでる。橋って 美しい!

道後温泉

明治時代の建物と書いてある。
一大 レジャーランドだったのでしょうね。
2階で浴衣を着て 汗が引くまでくつろぐのはとても気持ちが良い。
お茶も冷たいお茶ではなくて ぬるく冷ましたお茶を貰う。おせんべいと。
クーラーではなく 天井に取り付けられた扇風機。
冬はあの2階はどうなるのでしょう。

足摺岬 松尾海岸にて

足摺岬 松尾海岸にて
今日は雨が降るはず、と覚悟していたのに サンセットまで見ることができた。海が輝き 雲が光る。

足摺岬灯台

足摺岬灯台
足摺岬灯台
この海のはてには どこの国があるのでしょうか。

四万十川 佐田 沈下橋

四万十川 佐田 沈下橋
とうとう四万十川にやってきた。足を川に浸し 四万十川を実感する。子どもが川で泳いでいるようすがかわいい!高知弁がまたかわいい!

高知県立牧野植物園

高知県立牧野植物園
8時50分に到着。ガードマンさんが「どうぞ」と門を開けてくれた。
とってもすてきな植物園です。
もし 人間が光合成で生きていけたら どうなってたかしらね。あまりにも外が暑いので建物のなかで いろいろ脳を動かしていた。

徳島県祖谷のかずら橋

徳島県祖谷のかずら橋
午前1時40分京都を出発。ここに着いたのは5時55分。山の中は涼しくて とても気持ちがいい。かずらでできた橋は結構怖い。綺麗な川が下を流れている。

祇園祭り山鉾巡行を終えて

Img_6399a

巡行を終えて それぞれの町内へ帰っていく。(太子山)
町の人が「おかえりーー」「ごくろーさん」と出迎えている。
おかあさんが小さい子供の手を行列から帰ってきたお父さんに
「ほら、お父さんに手 繋いで貰い。」と手を渡している姿が
とてもあたたかかった。
これを見ると あー鉾町っていいなぁーと思う。

祇園祭 山鉾巡行

Img_6390a

雨に遭わずよかった。
今年は この場所で1人で見た。
いつもは誰かが側にいたのに。
写真は 一番先頭を行く 長刀鉾。

息子も 大学から「巡行始まった?」とメールが来た。
娘も「00くん、がんばってた?」と
気にはなるようだ。

本殿の姿が見えました。

Img_6361a

今日は本殿拝観する人はきっと多いのでまた今度通りかかったときに見学させて貰います。

東本願寺素屋根スライドセレモニー

東本願寺素屋根スライドセレモニー
午前10時。動き出しました。隣の阿弥陀堂まで2時間かかります。5分経ちましたが動いているのか 解りません。気長に待ちます。

船鉾(ふねぼこ)

「厄除けの船鉾のちまきどうですかぁー」と小学生が大声を出す。男の子よりやはり女の子の柔らかい声の方がいいなぁー。(ちょっと恥ずかしげに 高い京都弁のトーンで)

ポストカード

5柄つくってみました。作品展に販売予定です。

暑い 祇園祭 これぞ 祇園祭

これは船鉾。私の行きつけの耳鼻咽喉科の前に立っている。今日 耳鼻咽喉科に行ったら やはり休みだった。今週いっぱい 巡行が済むまで 京都の町の中はお祭り一色です。
出店が出始めていますが 出店ではなくて 呉服屋さんやそこにある会社が小売りをしてくれる。なので少しの傷物などが安く手に入る。私は 風呂敷を500円で購入、とっても気に入っている。

祇園祭 鉾立始まる

1200年続く祇園祭。
暑い!祇園さんならではのこの気候!巡行まで梅雨は明けず むしあつーい日が続きます。
明日から 提灯に火が入るはず。人人人・・・・。

谷口周郎原画展


大阪 谷町 ギャラリー14th moon
久々に谷口氏にあえて 楽しかった。
彼はハワイアンのボーカル。今日はミニコンサートでした。
甘いこの声はたまらない。
マカプー ラニカイ・・という言葉を聞くと
「行ったなぁー あの風景の所だなぁー」と
風のにおいや草のにおいを思い出す。
マカプーでしばらくクジラの潮吹きを双眼鏡で眺めていたっけ・・・。

かれのバンド名は「メイキングブックス」
バンドの人達の仕事をあわすと
「1冊の本が出来上がるね」というところから
この名前が付いた。
お客様の中にハワイアンダンスができる人がいて
踊って貰った。とーーーても素敵。

「うたのすきなことり」
作・たんげさくら 絵・谷口周郎 2000円 愛育社出版
を購入 、もちろんサイン入り!
曲を聞くと眠くなるし 絵を見ると気持ちよくなる。

もう一つの目的 私の3人展のDMをギャラリーにおいて貰えるように
マスターにお願いしてきた。
「1221767298_18s.jpg」をダウンロード

セカンドコンサート終了!



練習で明け暮れた日々が過ぎると寂しい物で 抜け殻のようでしたが、ようやく写真整理しようと机に向かっている。簡単にフォトブックが作れないだろうか、簡単なソフトを載せている会社はない物でしょうか。。。。結構じゃまくさい。たまたまあたったのがじゃまくさかったのかしら?胃がきしむ。

祇園祭 船鉾 お囃子のお稽古風景

隣町の船鉾町(ふなぼこちょう)。私の通う耳鼻咽喉科のある町内が持つ鉾。
スタバでコーヒーを飲んだ後 お囃子が聞こえてくるので 
少し立ち寄って見た。
ムービーもとったんだけど 添付できなかった。残念。
娘が小学校の時 お祭りの間 ここで粽を売っていた。
「船鉾のちまきどうですかぁー」(京都弁のイントネーション)
小学生の知恵で 「どうですかーの後にちょっと首をかしげたら 粽が売れんねん」と言ってたのがおもしろい。

東本願寺7月16日素屋根スライドセレモニー

今、東本願寺の御影堂が修復工事をしている。
それが 終了する。7月16日 御影堂の屋根を覆っていた素屋根が 御影堂の南に建つ阿弥陀堂にそのままスライドさせる。ちょっとみものですよね。
http://www.higashihonganji.jp/topics/slide.html

祇園祭

祇園祭
山鉾巡行の順番が決まった。
くじとり式。
一番最初は長刀鉾ですが その次はなんと 隣町の芦刈山が続きます。
祇園祭の巡行で梅雨があけるんですよねぇー!

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック