« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

京都市植物園

京都市植物園
なんでこの紅葉の葉はここだけ赤くなったのでしょう?
京都市植物園
マンションからだとあまり蝉の声が聞こえない。あつーーーくて蝉の声がうるさい”夏”を経験しに植物園のジャングルのようなところに行った。でも うるさいほどではなかった。木陰は涼しいし、快適でした。
アブラゼミがもしかして少なくなった?例のあの鳴き声がうるさくない・・・・・。

メダカがぴょーーーん!

睡蓮鉢の水が減ってきたので水を足していた。少し高い位置からすこーーしずつ・・・。泡が立つように入れていると 隣の鉢になにやらポチョンと入ったような気がした。???なんや?水が隣にはねたのかも・・・。と思っていると メダカが隣の鉢に入ったのでした。うわーーっ、放っておくべきか元に戻してやるべきか?このままだと一生メダカは仲間と離ればなれのままになる。んーーーーどうしよう・・・。と迷いながら また水をくみに戻った。そして振り返ると 鉢の下でぴょんぴょん跳ねる陰が見えるではないですか!まるで蛙のようにピョンピョン!あれはメダカだ!とあわてて拾いに行った。迷っていたことも忘れ元の鉢に入れてやった。良かった良かった。そう思いながらじーーーーっと水面を見ると糸のような小さなメダカの赤ちゃんが親から隠れるように睡蓮の沈みかけた葉の上にいた。大きくなってほしいなぁー。

1000円札

1000円札
この間テレビで男性がコンビニに行ったとき レジで並んでいる女性の話をきいてびっくりしたという。 女性2人は1000円札を見て「あれー?1000円札の人髪型かわってるぅーーー!いやーーん、髪の毛もふえてるじゃーーーん!」と言ってけらけら笑っていたという。
テレビを見ながら私の財布に偶然にも2種類の1000円札が入っていたので並べてみると なるほどなーー、同一人物だと思ったのかなー?しかしなー・・・・。大丈夫かなー・・・。

祇園祭

祇園祭
京町家は自慢のお飾りを道から見えるように玄関も開けて見せてくれる。会社が持っている飾り物と言ったらまたすごく屏風や織物見応えバッチリ!ここは間口が狭い玄関入ってすぐ横に おおきな長刀鉾が飾られている。
祇園祭
鯉山(こいやま)は成功と繁栄を祈念する。粽は売り切れ、手ぬぐいを買って 朱色のはんこを3つ押してもらった。娘が力を込めて判を押してきた。ここは飾りを見るまでの細い路地。毎年長い列に並ぶ。
祇園祭
祇園祭


四条傘鉾(しじょうかさぼこ)ここには娘の小学校からの男友達がいる。まだ小学生だった頃 男の子達は綺麗な笠をかぶり踊っていたが今は きりっとした男衆!囃子方になって活躍している。「おーーい!」と娘に声をかけ 粽を渡してくれた。うれしそう!

のれん


3…4年前の祇園祭に暖簾を買って依頼。なかなかお気に入りが見つからなかった。今年は このナマズを見つけた。今までのはトンボ柄のおとなしいものでした。がらりと雰囲気が変わってうれしい。

憑神

憑神
本で読んでいると自分の想像ができあがっていて映画を見ると 「違う? うーーっちがう!」と心の中で叫んでしまう。彦三郎のお兄さん役の人 うまいなー。小分吾はイメージと違うなー。そば屋の親父は大好きな 香川照之さんで大満足!一緒に行った娘の横顔を見て私の妹に似ていたのにはびっくりした。「うわっ!」

雨に濡れる木賊山(とくさやま)

雨に濡れる木賊山(とくさやま)
コーラスの練習を終えた帰り、大雨に塗れる木賊山。巡行はどうにか台風も過ぎるかなぁー・・。宵宵宵山の今日は6時から歩行者天国になります。どうにか雨があがっててほしいですね。コーラスのファーストコンサートも今月末に迫ってきました。暗譜は歌詞を覚えても 強弱とか のばすとか ゆっくりとかいろいろ心情的なところが覚えられていない。少し女優魂も必要です・・・なぁ。

仏教の旅 ブータン編

仏教の旅 ブータン編
おもしろかった。次は何を読もうかな?他インド編上下、中国編、朝鮮半島編、日本・アメリカ編が 待っている!

祇園祭ですよー。


やっぱりこの時期は雨です。でもお祭り準備は進んでいます。

憑神


映画 「憑き神」を見たいと思って その前に本でも読んでおこう・・・と読み始めた。昨日友人に 用事があって会いに行くと「ちょっと待って!」と家の奥に入っていった。そして映画の券をくれた。「これ子供達が行かへん、っていうし 私と旦那の分はあるし あげるわ。」と!!なんてうれしいことか!「みたかってん!」と大喜びで帰ってきた。さて どんな映画でしょう・・・・。本では今のところおもしろそうなんですけど・・・・・。

京都大学総合博物館

京都大学総合博物館

13:15 お披露目: 10万ヘルツ・6.1チャンネルで聴く熱帯雨林の響
13:30 長尾 真先生 「博物館と情報」
14:00 市川 光太郎君
「響きでジュゴンを守る−音響情報学が救う生態系」
14:45 大橋 力先生「森の響きが開く知覚を超える音の地平」

これを新聞で朝見て よし行こう!と思って詳しく調べずに行ってしまった。
行くと終わっていた。くぅぅぅぅ・・・・。
1階に巨大なアンモナイトが置いてあり 「さわりなさい!」と書いてあるのがおもしろくて
いっぱいさわってきた。シダの模様がたくさんありました。
一組の親子が熱心に石棺を見ていた。お父さんがメモを取りながら 背をかがめたり背伸びしたり何か研究している人でしょうか。そばで小さな女の子が一緒に見ていた。女の子は石棺をどう見ているのだろうか?おもしろいんだろうか?おとなしく見ていた。

三丘園

家からすぐ近所。「三丘園」おいしい抹茶わらび餅セット。わらび餅とケーキと煎茶1500円。京町家で中庭があり渡り廊下を通って奥の座敷に通され、中庭の植物を眺めながら 机に置いてあるうちわで仰いでいると「クーラーつけましょか・・」と店員のおばさまが声をかけてくださったけれど 窓を閉めるもがもったいないくらい、 うちわでじゅうぶん気持ちよかった。お腹がいっぱいになって眠くなるほど心地よい空間でした。

舞妓Haaaaaaan

今日はレデイースデー1000円の日。
「舞妓Haaaaaaan」を見た。(aの数は合ってる?)
実際に上七軒に踊りを見に行ったことがあるけど
映画よりもっともっと綺麗だった。ため息が出るほど綺麗でした。
映画の内容は  がははっ・・・っと笑えたから まーいいかー。てな感想。
秋には 「HERO」「新・三丁目の夕日」が始まる。見たい。

3つめの花


今年3つ目の花が咲いた。朝見ると なんだかいびつな形で開きかけていた。額がくっついてなかなかはじけることが出来ないようなので ちょこっと額を裂いてやった。すると音がしたと思うのですが しゅわーっと全部の花びらが開いた。美しい。今朝から 金魚の姿が見えない。どこいったんだろう?隠れてるんでしょうけど。

睡蓮


琵琶湖水生植物園に行きました。結構たくさんの人が来られていました。今は 睡蓮が見頃。ハスはもう少し見頃は後でしょう。
私はデジカメで睡蓮の花を撮っていたのですが ふと思い出したのが 私のカメラは 防水なのでした。水の中にじょぼーーんと水没させ レンズを水面に向けて撮ると なんとおもしろい写真が撮れました。花が終わって 水中に戻っていくつぼみの姿などは 毎日 我が家の睡蓮鉢を見て 撮ってみたかった姿だったので ちょっとうれしくなった。でも こんな歳の女が地面に腹這いになって 池に手を突っ込んで何をしているんだろうと ・・・・、所々、「メダカなど取らないでください。」と書いてあるので もしかして間違われないかと冷や冷やしながらですが でも 楽しかった。

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック