« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

大祓人形(おおはらいにんぎょう)


大祓は心身を清浄にたもつ神代より伝わる祓いの神事です。家族で大祓を行い清々しい日々を過ごすためのものです。人形(ひとがた)に氏名・年齢を書き 息を3度吹きかけ、身体の悪い部分を撫でて、袋に入れる。大祓式 6月30日・12月31日・午後3時執行。祇園 八坂神社。祈祷料・・・・?毎年してるのに忘れるんだなぁーー。袋の中には5体の人形が入っている。4人家族の場合、1体は不要になる。 なんだかなーー、人型しているし 捨てにくいんだよねー。

相国寺「若ちゅう」展

相国寺「若ちゅう」展
「じゃくちゅう展」
実は日曜日に行ってみた。近くに来たからついでに といった気持ちでしたが 全くそんな気持ちでは駄目です。長蛇の列。入館券1500円という高さ。でも チラシにはすごいかっこいい鶏の絵。平日なら大丈夫だと思って今日やってきた。・・・・うーーーすごい人、1時間待ちの大行列。しかし すごい絵だった。色がとってもあざやかでした。図録を買って帰ってじっくり見ているところです、2500円。

お散歩

お散歩
豆持ちと水無月を大事に持って 市バスに乗り 市立植物園に入った。そこでお茶を買い お菓子を食べた。夫と顔を見合わせながら「おいしいねーー。」と。
バラが満開。スイトピー、ポピー、・・・いろんな花が満開でした。この写真の花は 先日の花会で姪が「この花の名前なんていうのーー?」と手に持って振り回してた。即メールで姪に名前を送った。
「ギガンチウム」
よく歩いた1日でした。帰る途中、子供達を呼び出して家族で夕飯を食べた。
お散歩
出町橋西 京の生菓子「ふたば」。いつも長蛇の列でここでは買った事がなかった。午前中だったので列がそんなに長くなく 初めて並んでお菓子を買った。私は豆餅 夫は水無月。160円x2.
お散歩
御所の中の「母と子の森」。ここは子供が幼稚園にはいる前からよくきたものです。迎賓館が建ってから来たことがなかったけれど 案外迎賓館の存在が気にならず 以前のまま鳥の声を聞きながら 木々の葉音を聞きながらゆっくりと時間を過ごすことができる。写真の中央の光っているところが迎賓館。
お散歩
一保堂茶舗 寺町二条から北へ向かって東側。一保堂ののれんが目印。夫は煎茶を私はほうじ茶を。お茶の入れ方を教わってからいただく。小さな時計がテーブルに置いてあり 時間を計りながら入れる。香りがよくとてもおいしく頂けます。おいしいお菓子と共に。

私の誕生日5月26日。

私の誕生日5月26日。
午前0時におめでとうメールを貰ってから、とてもうれしい日を送ることができた。仕事の方も 大切な人達と会い話すことができた。1日の最後には家族から歌いながらバースデーケーキを貰った。とても可愛くて、おいしくて、うれしい日を締めくくった。みなさんありがとう。

真如堂

真如堂
新緑がまぶしく、風が気持ちよく、人が少ない。茶所で一人ぼんやりしております。

京都市動物園


良いお天気なので自転車で動物園に行った。さてチケットを買おうとすると 財布を忘れたのに気が付いた。どうしよーー、このまま帰るのもつまんないしなー、でものどが渇いたけど自動販売機でお茶も買えない。仕方がない・・・と帰ろうとした時、友達からメールが来た。合唱団のチラシとパンフレットの問い合わせだった。そうだ友達に会いに行こう 、その方が話も早く終わるし・・・・。と訪ねた。しまったちょうど昼休みだ。「お金ないねん。」といいながら ちゃっかり 昼食代を借りて ランチを一緒に食べた。そして 打ち合わせをすませた。帰り際友達は 動物園の無料券をくれた。なんていい人なの!そしておまけに 「ジュース買うお金も・・はい。」と150円を手にのせてくれた。まーーーーなんて なんていい人なの!150円をズボンのポケットに入れて また動物園に行った。のんびり観察することができた。閉園間近までいた。結局150円は使わずに帰ってきた。

女声合唱団アルページュ


2007年7月29日(日)午後より時間未定
北大路ビブレ内にある北文化会館の創作活動室にて
女声合唱団アルページュのファーストコンサート
が行われることになった。
1部 スタジオジブリ特集
2部 中島みゆき特集
3部 ミュージカル特集
目下特訓中!
時間のある方是非おこしくださいませ。

大好き!餃子!

大好き!餃子!
手作り餃子。子供達と私、3人で60個食べた。おいっしぃ〜。

おおおきな毬藻

西洋まりも
直径はなんと75mm.東急ハンズのペット売り場にいた。
北海道の毬藻は魚と同居させないけど これは水槽の中に魚と一緒に同居していた。
あまりにも大きくて なんといって表現したらいいのか・・・、「かわいい」じゃなくて
「すごいなー」ぐらいしか言葉がないなぁ。「なんやねん、こいつ?」かなぁ。。。
945円。日本の毬藻は直径が10mmも満たない物がそれくらいする。

なまえは?


花束の中に入っていた 花が首から落ちた。綺麗な真っ赤な花だったのに こんなに黒くなった。ちょっと怖い感じもする。


フタホシテントウがやってきた。

花展と絵本原画展のコラボレーション



原画と絵本を置くととても良い効果が生まれる。6月・7月出版の途中経過の校正本も並べて 説明すると 「まー珍しい物を見せてもらったわー。是非出版されたら買いますわ・・・」なんて言いながら・・・。うれしい限りです。花展だけより 原画展だけよりもお互いが言い効果を出せていたのではないでしょうか。花の方の参加した人たちも 今回の会をとても楽しんでいた。特にお年寄りのかたがたのうれしそうな笑顔がよく見られ 早く写真が見たいと せかされている。1枚目は当日お客様を待つ風景。2枚目は受付で記帳して頂きながら 絵本を売り サインもしている。3枚目の写真は3日の準備風景。花屋が1軒あるかと思うほどの量でした。はさみの音を聞きながら 原画を飾っていった。じゃまにならないかと心配もしたけど 案外うまくいったと思っている。

花展と絵本原画展終了


圓尾孝甫社中の方々とパチリ!
5月4日・5日の展覧会が無事終了しました。だいたい300人くらいのお客様があり 喜んでいます。「もっともっとたかいところ」の本を50冊置き 原画も並べていますと とても売れ行きがよく4日の午前中に完売しました。故郷での原画展は 親しかった友人や その親御さん達にも何十年ぶりかに出会えるきっかけとなり本当に良かったと思いました。花会のおかげで 原画もたくさんの人に見てもらうことができ喜んでいます。準備はいろいろと大変でしたが 終わってみると 花火大会が終わったときの気持ちに似て 今は残像を見ている感じです。ご来場の皆様ありがとうございました。

ベトナム料理だーい好き。


ガー・フォー(鶏肉入り)

練乳入り コーヒー。あーーおいしぃ。

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック