« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

八幡 御幸橋の土手


いつも阪急電車から遠くに見えていた桜並木。「ここだったのかぁー」初めてやってきた。きれいなところでした。桜の咲く頃には是非行こう!
写真は色づいた桜の葉っぱが宙に浮いているように見えたので近づいてみると蜘蛛の巣につられていました。人間がこれをディスプレーすると細いテグスを使うんでしょうけど 蜘蛛の糸みたいにはいかないよねぇー。近くに行っても 蜘蛛の糸って見えないことあるもの。たまに蜘蛛の巣に自分が引っかかると「ごめん、ごめん」と蜘蛛にあやまってしまう。

第5回 新京極映画祭

「RENT」観てきました。お客は えーーと 数えられるほど。なんと 映画祭ということで協賛がついていて ビールを1缶サービスしてくれた。ポテトを買っていたので ちょうどよかった。暑かったし、とってもうれしい!でも やっぱり眠ってしまった。まっ、内容はよく知っているので大丈夫だけど 大画面はいいですねぇ。浸り込んでしまう。
さっ、明日は本番の合唱交歓会。今日は最後の練習に行きました。なんと「最後に通しましょう」というとき途中どうしてもくしゃみが出そうになって我慢できず、「グシャ!」みたいな音を出してしまった。どうか明日はくしゃみが出ませんように・・・・。

イタリア語入門6日目

イタリア語入門
今日で6回目の授業。内容はちょっとおもしろくなってきたんだけどなかなか覚えきれない。少し前のところを質問されたら????すっかり忘れている。さて、ここで今日の復習。今日は、かわいい感じよ。
Ciao!,come stai?Bene,grazie,e,tu?Bene,ma che caldo!Apro la finestra? Si,per favore.Prendete un caffe?Si,grazie. Buono!Finite tardi?No....
場面
(女の子が友達の家で一緒に勉強しています。お母さんがコーヒーを持ってきてくれます。今日は遅くまで勉強するの?)
元気?元気よ、あなたは?元気よ、でも暑いね。窓あける?うん、おねがい。コーヒーでもいかが?ありがとう。おいしい!おそくなる?いいえ・・・。

規則変化
parlare parlo parli parla
laggere laggo laggi lagge
aprire apro apri apre
finure finisco finisci finisco

あーーむつかしい。
誰か私にPrendi una birra?って言ってぇ。
すぐにSi,grazie.って言うわ。


話は変わって 明日13時30分から 映画館 京都シネラリーベで「RENT」観ます。京都の方、明日で上映終わります。是非どうぞ。

サツマイモの芽

田舎の母がくれたサツマイモ。ちょっと忘れていたらこんなかわいい芽が出てきた。あとはフライドポテトにして砂糖を振りかけてっと。おやつにぴったり!

金沢21世紀美術館

「明日は、金沢に行くぞ!日がない!日帰りで!」と主人の言葉に「はーーい。」と軽く返事。当日、朝8時出発。「ねーねー、金沢ってさぁー、前もって計画たてて 一泊するようなところじゃなーーい?」と聞いた。「まーー、そうかもしれへんけど、何せ日がないもんで・・・。」という。
とっても素敵な美術館。そして 美術館に入っていく人が多い。そこがまたいいじゃない。文化が根付いている感じでさ。
主人が観たかったのは「川崎和男展」いのち きもち からだ

金沢21世紀美術館
私のお気に入りは あれは常設だと思いますが レアンドロのプール。これは 私の心の中にあるものが表現されているものです。プールをのぞくと 水の底で人が歩いている。普通に服を着て、たまに水面に向かって手を振る。ある展示場から プールのそこに行く地下道と矢印がある。つきあたりに水色に光る壁。「そっかー、プールの側面ね。ガラス張りなのね・・」と 思いきや近づいていくとその中に入っていくことができる。まるで水の中にいる気分。ましてや普通に呼吸して。何て気持ちの良いところなんだろう。ずっといたい。あーーきもちがいい。
作家は子供の頃にプールで溺れたとき、「とっても美しかった」という記憶があるところから この作品に至ったらしい。水があるのは水面10cmだけ。


金沢21世紀美術館

同時に奈良美智展 この人の作品は大好きで 私の子供の頃の顔に似ている。意地悪そうで 頑固で 自分の世界があって 好き嫌いがはっきりしてて (たぶん)そんな女の子のモチーフ。
私の妹の家族は奈良美智氏の故郷の青森の美術館まで行った。やはり地元で開催されるのは良いことだと思う。川崎和男氏はここ金沢が地元。地方から世界にARTを発信するというのはすばらしいことだと思った。

辞書を買いました。


まだまだ上達まではいきませんが、あきらめず続けられるといいなーとおもってます。
Ciao!Comestai?と誰か私に聞いてみてください。すると私はMolto Bene!Gracie.と答えます。来週の木曜日で6回目の授業。この間は、先生が「じゃ、ここまでね、」といったとたん 生徒9人は「ふーーっ・・・」と初めて呼吸をしたかのようなため息がでた。みんな必死。でも楽しい。年齢もバラバラで、ほんと楽しい。

talby

今の携帯電話になって もうすぐ2年がくる。タルビーの黄緑。このデザインがとても気に入っている。しかし 娘の携帯のカメラで撮った写真はとてもきれいに撮れるので 「いいなー」と思うんだけど、どうしてもこの薄手のタルビーが格好良くて好き。もう一つ気になるのは ボタンの文字が見えにくいこと。黄緑色に白の文字。老眼鏡をかけての作業はタルビーに似合わないような・・・・いや、いや そんなことない!

No day but today!

今日は娘が熱を出して学校を休んだ。娘も家にいることだし一緒に「RENT」を観た。2枚組の2枚目の方を観ると撮影秘話がたーーくさん。それでまた感動!見終わったときふと思い出した。娘に「あれ?今日もしかして英語のスピーチ発表の日だったんじゃない?」と聞くと。「うん、でもこんなんじゃ、声も出ないし無理!」という。そこで「なんでよ!せっかく練習したのに発表しないなんてもったいない。しんどいのはちょっと我慢して発表しておいで! チャンスはつかまないとすぐ逃げていく!誰にでもチャンスはこないから・・・。早く支度して!」とタクシーに乗って学校へ急いだ。4時40分までに集合だった。どうにか間に合った。「顔をほぐして 口角あげて にっこりして 前を向いて!」タクシーの中でいっぱい励まして 校門で分かれた。鼻水をすすりながらの娘の背中を見送った。
ちょっと RENTに影響されたかも「No day but today」

RENT

来月からミュージカルが東京名古屋大阪で始まる。見に行きたいけど 気づくのが遅かった。もうチケット完売。東京厚生年金会館にはまだあるようだけど、あきらめる。そのかわりDVDを購入。

新入り、ベタ。


15日は息子の18の誕生日。男の子には何をプレゼントしてよいのやらぜーーんぜんわからない。私が「何がほしい?」と聞くと「うーーーんーーー」と考えても思いつかないようなので「あのさー、ベタほしいと思わない?プラテイーもほしいでしょう?」というと「欲しいけど、それって母さんが欲しいものやんか!」と。でもこれに決めた。いひっ。他にちゃんとGパンかってやったし、大丈夫。
ベタ君、きれいでしょー。えさもちゃんと食べるし、元気です。見とれている。

荻の浜  琵琶湖の西側

荻の浜

お天気がよくてとっても気持ちがよかった。少し風がきつかったけれど、とーーっても気持ちよくて長い間砂浜に座っていた。2匹のゴールデンレトリーバーがご主人様と遊ぶ姿を見ていた。ボールを湖に投げ込むとボールは時折風に流されて沖に行く。これがもっと流されたら犬はボールを追いかけてどこまでもいくのだろうか?あきらめて引っ返すのだろうか?犬はおぼれるのだろうか?いろいろ考えてしまう。体はじっとしていても頭の中と 心の中が常に動き回る私でした。
その後最北端まで行ったが景色がまた違って とてもよかった。湖とはいえないような、日本海のような雰囲気があって 水平線も見えるほどです。大きな大きな湖。

「RENT」

映画「RENT」の中の曲を3曲今月末に発表する。
はじめはどうなるかと思ったけど 今日の練習で ちょっと先が明るく見えはじめた。「やるじゃん!私たち」なんて思っちゃった。 この間の練習からソプラノに強力な人が入ってきた。「うっまーー!」と思っていたら ソロを歌うことになった。とても迫力あって 良い感じに仕上がりそうです。
「今日はここまで・・」という 先生の言葉で思わず拍手しちゃった。家で もうちょっと音取り練習して行かなくちゃ!!

italiano

Ciao!Buongiorno.
Io sono noriko. Sono Giapponeze di kyoto.
Io ho sposata.Io ho un marito,un figlio una figlia.
とりあえずここまで。次回は来週木曜日です。(もう4回目) 
Arrivederci e grazie.

毎年祇園祭の山鉾巡行は イタリア大使館文化部のある新町通りで見学していた。広告にイタリア語講座が開かれるというので すごく近いので 行ってみることにした。やっぱりクラスの中では(8人)一番近かった。

ボローニャ国際絵本原画展2007

毎年この時期、原画を郵便局のEMS国際スピード郵便で送る。送料3250円。今回は郵便局の人がむすかしいそうにいろいろ調べてくれていた。「イタリアはテロ以来とても厳しくなって.......。」と。外国に送る荷物を仕切っている大阪のどこかに電話をかけて問い合わせてくれもした。私は、テロ以来 ボローニャには送っていて なんとか送ることができ ちゃんと入選漏れの作品は丁寧に梱包されて戻ってくるので こちらとしては たぶん大丈夫だと思っているが このたびはとても慎重に受け付けてくれた。画用紙1枚の重さも量らせてほしいと わざわざ私が梱包したものをほどいて量った。「期日にどうしても間に合わせたいしねぇー。こちらとしてはできるだけのことをやります」と言いながら......。「不安なようでしたら 民間の運送会社にされた方が送料は高くつきますけど 安心かもしれません。」と言ってくれた。でも もう 書類も細かく書いたことだし また新しく運送会社にいくのもめんどくさいし えーーーい!運試し!「いえ、これでお願いします。」と頼んできた。来年発表までが長い!!とにかく無事に ボローニャに着きますように。

土手は花盛り


私は小さい頃から花摘みが好き。家に帰り 花瓶にさした。

かまきりの体内に


河原の土手を歩いているとカマキリが死んでいた。一緒に黒い少し太い糸のようなものがあった。これはカマキリの体内にいる虫だとか...........。人間でいるサナダムシみたいなものだろうか?

うおーーーっ!


さーーてお風呂に入りましょうか..........!私はどうしても「きゃー!」という高音がでない。「うおーーっ!」と叫んですぐ、家族のみんなに「虫、虫........!」と言いながら携帯を持ちカメラに切り替える。家族のみんなもカメラを構える。殺虫剤で退治した。


主人のカメラで撮った月を携帯のカメラでとったもの。大きなカメラはもっともっときれいな月なんですが。山の上にぽっかり上ったお月様。土手ではすすきが風になびいているとってもすてきな季節です。

アボカドの背比べ

2本植えてある方の背の高い方は実は背の低い方の葉っぱの下で大きくなれずにいたのです。それを人間がその葉っぱを違う方向へ向けてやりました。「低い方にも陽があたるようにと.........。」なんと傲慢な、人間って何をするんだ!って、私です。余計なことを!今では 見ての通り追い抜いてしまいました。この先どうなるんだろう..........。アボカド君、ごめん!

ゼラニウム

ゼラニウムの花が咲いた。小さな花です。寒くなっても咲くのですね。かわいい。この赤の色が好き!

新入り。琉金。

新入り。琉金。
睡蓮鉢にたくさんの水草が茂ったので 捨てるのも忍びないので 古い水槽を出してそれに移して置いておいた。それを眺めているうちに なんだか水もきれいになって 水草だけの水槽を眺める時間が多くなった。睡蓮鉢にいる金魚は 上からだけしか みることができないけど 水槽に入れるときっとオレンジ色した金魚がうろうろして かわいいだろうなーと、思いついた。こう思っているのは私だけではなく 家族全員思っていた。娘と一緒にデパートの屋上のペットやさんに行って「この子とこの子....」と選んで来た。ちなみに睡蓮鉢にいる子たちは1匹210円。デパートの子たちは630円!さすが百貨店は高い、けど美しい子たちです。ますます 水槽を眺める時間が多くなった。

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック